高精細他

フレームレートとは何ですか、リフレッシュレートとは何ですか?

フレームレートとは、映画、テレビ、またはコンピュータゲームのディスプレイに1秒間に表示される個々のフレームまたは画像の数を指します。

低すぎるフレームレートは、モーションブラー(動いている対象をカメラで撮影した時に生じるぶれ)または(カメラのズームやパンニングなどで動きがギクシャクとする)モーションジャダーのいずれかになります。

1秒あたりのフレーム数またはフレームレートの役割を理解することが重要です。テレビの場合、標準は30fps NTSCで、PALでは25 fpsです。

高フレームレートは熱狂者にとって一定の目標です。効果的に4Kコンテンツは40〜60fpsで評価されます。CPUまたはGPUの性能が高いほど、1秒あたりに生成できるフレーム数が増えます。

リフレッシュレートは、モニタが画面を再描画できる1秒当たりの回数である周波数(Hz)で測定されます。60Hzのリフレッシュレートは、ディスプレイが1秒間に60回画面全体を再描画できることを意味します。

つまり、fpsはCPU / GPUによって駆動され、リフレッシュレートは画面のサポートによって測定されます。

利用可能なフォーマット

ディスプレイは、主にそれがサポートするピクセルの測定に基づいてお互いに異なります。画面サイズにかかわらず、ピクセルがこの測定にとどまっている場合、同じ表示になります。

HD高精細度は、世界中の世帯のテレビ視聴経験の標準となって以来、最も身近なフォーマットです。1280×720ピクセルと16:9アスペクト比の解像度を持つビデオ画像はすべてHDと定義されます。

フルHDこのHDは、1920 * 1280ピクセルのサポートによって定義されるHDのより高いステップです。

ほとんどの消費者は、テレビやモニターを720p / 1080pにアップグレードし、より実際のイメージに近い鮮明な画像を見ています。

Quad HDまたは2KQHDは、標準720p HDの垂直解像度の4倍の2560 * 1440ピクセルを持つ詳細な表示を提供します。

超高精細(UHD  このフォーマットは、最高の視聴体験と考えられるものを提供します。4Kは、約4000画素の水平解像度を意味する。4Kディスプレイは、1080pのフルHD解像度の4倍である16:9のアスペクト比で3840 * 2160の解像度を有する。5Kは4Kの後継機種で、最大5120 * 2880および1400万画素の解像度を反映しています。4Kと比べると、5Kはより多くの詳細を提供し、ピクセル化と余分なスペースを提供して、より多くのブラウザウィンドウとドキュメントを一度に表示します。

フル超高精細(FUHD または8Kは、7680×4320ピクセルの解像度を誇ります。

QUADQuad Ultra High Definition または10Kは、15360×8640ピクセルの表示解像度です。

 

DSCとは何ですか?

ビデオエレクトロニクス標準協会ディスプレイストリーム圧縮は、アプリケーションプロセッサと、モバイル、タブレット、およびテレビジョンなどのUHD(超高精細)デバイス内のディスプレイサブシステムとの間の視覚的に無損失な圧縮を可能にします。視覚的に無損失とは、圧縮が有効である間に画像またはビデオの品質に知覚可能な差異がないことを意味します。

 

色の濃さとは

ビデオディスプレイの重要な要素は、表示可能な色数です。世界は無限の量の色合いを提供していますが、映像機器の色数は必ずしも色深度として表示できる色数には限りがあります。色深度は、異なる色合いを生成するために割り当てることができるデータのビット数を測定します。

HDCPとは何ですか?

映画やテレビなどの視聴覚コンテンツは、ウェブ上や物理メディア上でデジタル形式で普及しています。その結果、コンテンツプロバイダは、さまざまなコンテンツ保護テクノロジを使用して、不正使用を防止しています。高帯域幅のデジタルコンテンツ保護(HDCP)は、配​​信プロセスの最終段階を保護し、セットトップボックス、DVDプレーヤー、パーソナルコンピュータ、ゲーム機などのデジタルインターフェイスを介して伝送されるコンテンツを暗号化し、ハイビジョンテレビなどのデバイスに表示します。家電業界では、HDMI(High-Definition Multimedia Interface)用にHDCPを急速に採用しています。

HDCPで保護されたシステムには、ソース、シンク、リピータの3種類のデバイスが含まれています。HDCPは、HDMIまたは他のHDCP保護デジタルインターフェイスを介して接続されているときに、これらの各デバイス間で伝送されるデータを保護します。

ソース:ソースは、表示されるコンテンツを送信します。例としては、セットトップボックス、DVDおよびブルーレイプレーヤー、およびコンピュータビデオカードが挙げられます。ソースにはHDCP / HDMIトランスミッタのみがあります

シンク:シンクは、コンテンツを表示するようにレンダリングします。例としては、テレビやデジタルプロジェクタが挙げられます。シンクには、1つまたは複数のHDCP / HDMIレシーバがあります。

リピータ:リピータはコンテンツを受け取り、それを解読し、次にデータを再暗号化して再送信します。これは、ビデオを高解像度フォーマットにアップコンバートする、または信号のオーディオ部分を分割するなど、何らかの信号処理を実行することができる。リピーターにはHDMI入力と出力があります。例としては、テレビに表示するためにビデオを再送信しながら、オーディオ信号を分離して増幅するホームシアターのオーディオビジュアル受信機が挙げられる。リピータは、入力データストリームを複数の出力に送信して、複数の画面に同時に表示することもできます。

HDCPバージョンの範囲は1.0〜2.2です。HDCP 2.2のバージョンは、セキュリティとハッキングのリスクのために下位互換性がありません。一般に、2015年以降にリリースされるすべてのパッケージ化されたデジタルプレミアム4Kコンテンツは、HDCPバージョン2.2で暗号化されます。

システム、ディスプレイインタフェースおよび信号管理機器を介した再生を期待する場合は、すべてのインタフェースでバージョン2.2に準拠する必要があります。

 

HDRとは何ですか?

高ダイナミックレンジディスプレイは、以下に示す事とともにより現実的な画像を再現することができます。

  • 高輝度
  • 大きなコントラスト
  • より広い色範囲
  • リフレッシュレートの向上

現在のところ、関連するHDR形式には2つあります

オープンHDR10とDolby Visionです。放送業界は3番目のHLG(Hybrid Log-Gamma)に取り組んでいます。

これら2つの主な違いは、HDR10は静的メタデータに基づいており、Dolby Visionは動的メタデータをサポートしていることです。

 

HDR対応DisplayPortケーブルはこちら

HDR対応HDMIケーブルはこちら

HDR対応アダプタはこちら