フレームレートとは何ですか、リフレッシュレートとは何ですか?

フレームレート。この用語自体は、映画、テレビ、またはコンピュータゲームのディスプレイに1秒あたりに表示される個々のフレームまたは画像の数を指します。
フレームレートが低すぎると、モーションブラーやモーションジャダーが発生します。
1秒当たりのフレーム数またはfpsの役割を理解することは重要です。テレビの場合、標準はNTSCで30fps、PALで25fpsです。
高フレームレートは愛好家の絶え間ない目標であり、事実上4Kコンテンツは40〜60fpsで高く評価されています。 CPUまたはGPUが強力であるほど、1秒あたりに生成できるフレーム数が多くなります。
リフレッシュレートは、モニターが画面を再描画できる1秒あたりの回数である周波数(Hz)で測定されます。 60Hzのリフレッシュレートは、ディスプレイが1秒間に画面全体を60回再描画できることを意味します。
つまり、fpsはCPU / GPUによって駆動され、リフレッシュレートは画面サポートによって測定されます。

利用可能なフォーマット

ディスプレイは、主にサポートするピクセルの測定に基づいて互いに異なります。画面サイズに関係なく、ピクセルがこの測定値のままであれば、同じディスプレイになります。
HD High Definitionは、世界中の家庭でのテレビ視聴体験の標準となっているため、最もよく知られている形式です。解像度が1280 * 720ピクセル、アスペクト比が16:9のビデオ画像はすべてHDとして定義されます。
フルHDこれはHDの上位ステップであり、1920 * 1280ピクセルのサポートによって定義されています。
ほとんどの消費者は、テレビとモニターを720p / 1080pにアップグレードして、より鮮明でよりリアルな画像を表示しています。
Quad HDまたは2K(QHD)は、標準の720pHDの4倍の垂直解像度から2560 * 1440ピクセルまで、より詳細な画像を提供します。
超高精細(UHD)このフォーマットは、最高の視聴体験と見なされるものを提供します。 4Kは、約4,000ピクセルの水平解像度を指します。 4Kディスプレイの解像度は3840 * 2160、アスペクト比は16:9で、フルHDの解像度1080pの4倍です。 5Kは4Kの後継であり、最大5120 * 2880および1400万ピクセルの解像度を映し出します。 4Kと比較して5Kは、より高精細で、より少ないピクシレーション、およびより多くのブラウザウィンドウとドキュメントを一度に表示するためのスペースを提供します。
Full Ultra High Definition(FUHD)または8Kは、7680 * 4320ピクセルの解像度を誇ります。
Quad Ultra High Definition(QUHD)または10Kは、15360 * 8640ピクセルのディスプレイ解像度です。

DSCとは何ですか?
Video Electronics Standard AssociationのDisplay Stream Compression(DSC)により、アプリケーションプロセッサと、モバイル、タブレット、テレビなどのUHD(超高精細)デバイス内のディスプレイサブシステムとの間で視覚的にロスレスの圧縮が可能になります。視覚的にロスレスとは、圧縮がアクティブな間、画像またはビデオの品質に知覚できる違いがないことを意味します。

色深度とは
ビデオディスプレイの重要な要素は、表示できる色の数です。世界は私たちに無数の異なる色合いを提供していますが、ビデオ機器は必然的に表示できる色の数に制限があります。これは色深度として知られています。色深度は、さまざまな色合いを生成するために割り当てることができるデータのビット数を測定します。ビット数が多いほど、表示できる色が多くなります。

HDRとは何ですか?
High Dynamic Range (HDR)ディスプレイは、よりリアルな画像を再現できます。

•ハイブライトンズ
•優れたコントラスト
•より広い色域
•より高いリフレッシュレート<

放送産業界が3番めのHDRフォーマットに取り組んでいるものの、現在はオープンHDR10とドルビービジョンの2つの関連するHDRフォーマットがあります。これら2つの主な違いは、HDR10が静的メタデータに基づいているのに対し、ドルビービジョンは動的メタデータをサポートしていることです。

 

HDCPとは何ですか?

映画やテレビを含む視聴覚コンテンツは、物理メディアだけでなく、Web上でもデジタル形式でますます普及しています。その結果、コンテンツプロバイダーは、不正使用を防ぐためにさまざまなコンテンツ保護テクノロジを使用しています。高帯域幅デジタルコンテンツ保護(High-bandwidth Digital Content Protection:HDCP)は、配信プロセスの最終段階を保護し、セットトップボックス、DVDプレーヤー、パーソナルコンピューター、ゲーム機から高解像度TVなどのディスプレイデバイスにデジタルインターフェイスを介して送信されるコンテンツを暗号化します。家庭用電化製品業界は、高帯域幅マルチコンテンツインターフェイス(High-Definition Multimedia Interface : HDMI)にHDCPを急速に採用しています。
HDCPで保護されたシステムには、ソース、シンク、リピーターの3種類のデバイスが含まれる場合があります。 HDCPは、HDMIまたは他のHDCPで保護されたデジタルインターフェイスを介して接続されている場合、これらの各デバイス間で送信されるデータを保護します。
HDCPバージョンの範囲は1.0から2.2です。 HDCP 2.2バージョンは、セキュリティとハッキングのリスクがあるため、下位互換性がありません。一般に、2015年以降にリリースされたすべてのパッケージ化されたデジタルプレミアム4Kコンテンツは、HDCPバージョン2.2で暗号化されます。
システム、ディスプレイインターフェイス、および信号管理機器を介した再生が予想される場合は、すべてのインターフェイスでバージョン2.2に準拠する必要があります。
一部のディスプレイにはHDCPをサポートするオプションがないため、通常、この状況では選択から除外されます。このため、Club 3Dには、Apple Cinema DisplayなどをサポートするHDCP OFFバージョンがあります。

DVI-D HDCP用のClub 3Dソリューション
正しいアダプターを入手する簡単な方法:HDCP-ONまたはOFF

HDCP-ON:
CAC-1010 DisplayPort to Dual Link DVI-D Active Adapter
CAC-1510 USB3.2 Gen1 Type-C to Dual Link DVI-D Active Adapter

HDCP-OFF:( Apple Cinema DisplayのようにディスプレイがHDCPをサポートしていない場合)
CAC-1010-A DisplayPort to Dual Link DVI-D Active Adapter
CAC-1510-A USB3.2 Gen1 Type-C to Dual Link DVI-D Active Adapter

HDR対応DisplayPortケーブルはこちら

HDR対応HDMIケーブルはこちら

HDR対応アダプタはこちら