次世代規格 HDMI 2.1 ディスプレイケーブルの海外レビューの紹介

2018年の11月に日本でClub3D社製次世代HDMI2.1ディスプレケーブルCAC-1372(Ultra High Speed HDMI™ Cable 10K 120Hz 48Gbps M/M 2 m / 6.56 ft)を発売しました。

 

すでにアーリーアダプターの方々に購入いただいていますが、今後の購入者の方に参考となる海外のレビューを紹介させていただきます。

CAC-1372海外レビュー

先日UHD/4K コンピュータモニタへアップグレードしました。4Kの信号帯域幅ではビデオケーブルに対する要求がより高くなるため、これは興味深い学習体験です。

私は途中でDisplayPortケーブルもテストしました。

1つのUHDモニターに2つのコンピューターを接続しましたので、DisplayPortは一つのみ、HDMIポートは複数となりました。

私が思ったのは、一番良いケーブル(特にVESA認証済みの)を買うべきだということです。私は、DP 1.0, DP 1.2. DP 1.4. HDMI 1.4, HDMI 2.0 そしてこちらの HDMI 2.1 ケーブルをテストしました。古いスペックと新しいスペックでは違いが顕著でした。

全てにおいて色の違いがわかります。妙なグレーのようなブルーのような肌色からノーマルな少しピンクがかった肌色です。色がよりリッチにそして正確になりました。

ケーブルの多くにX-riteキャリブレーションを用いて検証しました。キャリブレーションが設定されている間は、古いスペックも新しいスペックも表示できません。

音質は別として、シャープネス、明るさおよび深さはすべてより高いスペックのケーブルで改善されています。

Club 3Dビデオケーブルの品質は非常に高いです。このような高いケーブルは、安いケーブルよりも太くなっています。強くお勧めします。

もし、上記に記したような問題がある方は、新旧やHD, QHD or UHD monitorなどに関係なく、ビデオカードやモニターを交換する前にまずケーブルのアップグレードをしてください。きっと驚きますよ。

 


上記のレビューは、Club3D社製ディスプレイケーブルが高い映像品質をより忠実にディスプレイに映し出していることを説明しています。

高品質な映像を楽しみたい方、ディスプレイケーブルの選択でお悩みの方には、より簡単で安価な解決方法として、Club3D社製の次世代ディスプレイケーブルをお試しください。