DisplayPort技術解説

DisplayPortとは何ですか?

2003年後半には、主要なPC、グラフィックス、半導体企業が集まり、将来のインターフェース要求を満たすとともにディスプレイのコストと複雑さを軽減する新しいデジタル・ディスプレイ・インターフェース規格を策定しました。ゴールは、外部デスクトップモニタと内部ディスプレイインターフェイスの両方に適したオープンスタンダードベースのロイヤリティフリーで拡張可能なインターフェイスを開発し、2006年に製品に実装する準備を整えることでした。このグループは、Video Electronics Standard Association (VESA)の始まりでした。VESAは、PC、ワークステーション、家電業界向けに業界標準のインターフェイス規格を策定し、サポートする国際的な非営利法人です。

この新しいインタフェースは、PCと外部ディスプレイの間で使用される独自のデジタルビジュアルインタフェース(DVI)を置き換えます。このインタフェース(DVI)はアップデートすることができず、物理的、機能的、コスト的な制約があり、将来のニーズへの適合が阻害されていました。

DisplayPort規格は、内部および外部のディスプレイ接続に共通のインタフェースアプローチを可能にする、高帯域幅、双方向ディスプレイ相互接続を規定しています。DisplayPortインターフェイスは、オプションのオーディオ機能を備えています。

この規格は、他のインタフェース技術に関連する制限なしに、PC業界の現在および将来のニーズを満たすオープンで拡張可能なロイヤリティフリーの仕様を提供します。

DisplayPortバージョン

第1世代のDisplayPortは10.8Gbps以上の最大帯域幅を提供しましたが、他のディスプレイインターフェイスでは対応できませんでした。DisplayPortは非常に長い非アクティブなケーブル、オプションのコネクタ用ラッチデザイン、およびオーディオサポートにも対応していました。さらに、DisplayPortを使用すると、スペクトラム拡散クロックを使用してEMIを低減することができ、GPUなどのデバイスはデュアルモードで動作することができます。後者は、安価なレベルシフトアダプタを使用してDVIおよびHDMI出力をサポートするために、同じコネクタがTMDS信号を伝送できるようにするために有益です。

DisplayPort 1.1のデータリンク速度は、接続されているディスプレイデバイスのタイミングに関係なく、レーンあたり1.62Gbpsまたはレーンあたり2.7Gbpsに固定されています。この設計では、GPUに表示パイプラインがあるだけの数のDisplayPortストリームを駆動するには、単一の基準クロックソースが必要です。対照的に、DVIとHDMIの両方は、表示タイミングごとに専用のクロックソースを必要とします。このユニークなDisplayPort機能は、最も効率的なマルチディスプレイデザインを可能にし、AMD Eyefinityマルチディスプレイ技術を補完します。

2010年初めにはDisplayPort 1.2の仕様がVESAによって承認されました。この新しい規格の改訂版では、10.8Gbpsから21.6Gbpsへのさらに高い帯域幅とマルチストリーム機能を含む高ビットレートオーディオなど、新しくエキサイティングな機能が追加されています。

2014年の最後の四半期では、DisplayPort 1.3が改良され、新しいHBR3モードで帯域幅を32.4Gbpsに増やしました。バージョン1.2のHBR2で5.4Gbpsから8.1Gbpsまでのレーンを搭載しました

2016年3月にはDisplayPort 1.4が公開されましたが、HBR3モードを使用していますが、Display Stream Compression 1.2(DSC)のサポートが追加され、次世代のDisplayPortは8.1から10Gbpsへのリンク速度を向上させ、合計帯域が32.4から40Gbpsに増加しています。

 

DisplayPortスプリッタはこちら

DisplayPortケーブルはこちら

DispalyPortアダプタはこちら