DisplayPortとは何ですか?

2003年後半、主要なPC、グラフィックス、および半導体企業のグループが集まり、インターフェイスに対する将来の要求に対応し、ディスプレイのコストと複雑さを軽減するための新しいデジタルディスプレイインターフェイス規格を計画しました。目標は、外部デスクトップモニターと内部ディスプレイインターフェイスの両方に適したオープンスタンダードベースのロイヤリティフリーで拡張可能なインターフェイスを開発し、2006年に製品に実装できるようにすることでした。このグループはVideo Electronics Standard Association(VESA)の始まりした。VESAは、PC、ワークステーション、および家電業界向けの業界全体のインターフェイス標準をサポートおよび設定する国際的な非営利企業です。
新しいインターフェイスは、PCと外部ディスプレイの間で使用される独自のデジタルビジュアルインターフェイス(DVI)に代わるものです。このインターフェイスは更新できず、物理的、機能的、およびコスト上の制限があり、将来のニーズへの適合性が妨げられていました。
DisplayPort規格は、高帯域幅で双方向のディスプレイ相互接続を規定し、内部および外部のディスプレイ接続のための共通のインターフェースアプローチを可能にしています。 DisplayPortインターフェイスは、オプションのオーディオ機能を備えています。
この規格は、他のインターフェイステクノロジに関連する制限なしに、PC業界の現在および将来のニーズを満たす、オープンで拡張可能なロイヤリティフリーの仕様を提供します。

 

DisplayPortバージョン

第1世代のDisplayPortは、10.8Gbpsを超える最大帯域幅を提供しました。これは他のどのディスプレイインターフェイスにも勝るものでした。 DisplayPortは、非常に長い非アクティブなケーブル、オプションのコネクタ用のラッチデザイン、およびオーディオサポートも対応していました。さらに、DisplayPortを使用すると、スペクトラム拡散クロックを有効にしてEMIを低減でき、GPUなどのソースデバイスをデュアルモードで動作させることができます。後者は、安価なレベルシフトアダプタを使用して、DVIおよびHDMI出力をサポートするために、同じコネクタがTMDS信号を転送できるようにするために有益です。
DisplayPort 1.1のデータリンクレートは、接続されているディスプレイデバイスのタイミングに関係なく、レーンあたり1.62Gbpsまたはレーンあたり2.7Gbpsのいずれかに固定されています。この設計では、GPU内のディスプレイパイプラインと同じ数のDisplayPortストリームを駆動するために、単一の基準クロックソースのみが必要です。対照的に、DVIとHDMIはどちらも、ディスプレイのタイミングごとに専用のクロックソースを必要とします。この独自のDisplayPort機能により、最も効率的なマルチディスプレイデザインが可能になり、AMD Eyefinityマルチディスプレイテクノロジーが補完されます。
2010年の初めに、DisplayPort 1.2仕様がVESAによって確認されました。この標準の新しいリビジョンでは、10.8Gbpsから21.6Gbpsまでの高ビットレートオーディオ、さらに高い帯域幅、マルチストリーム機能など、新しいエキサイティングな機能のサポートが追加されています。
2014年の最後の四半期にDisplayPort1.3が承認され、バージョン1.2のHBR2の5.4Gbpsからレーンあたり8.1Gbpsの新しいHBR3モードで帯域幅が32.4Gbpsに増加しました。
2016年3月にDisplayPort1.4が公開され、引き続きHBR3モードを使用しますが、Display Stream Compression 1.2(DSC)のサポートが追加され、次世代のDisplayPortはリンクレートを8.1から10Gbpsに改善し、合計帯域幅を32.4から40Gbpsに増やします。

DisplayPortスプリッタはこちら

DisplayPortケーブルはこちら

DispalyPortアダプタはこちら