G-Sync / FreeSyncサポートに関する追加情報

簡単な歴史

何年もの間、レンダリングされたグラフィックスを持つゲームは、恐ろしいフレームティアアーティファクトに悩まされていました。簡単に説明すると、PCのグラフィックスカードがモニターのリフレッシュレートと同期していないフレームを送信すると発生します。ほとんどのPCモニターでは60Hzですが、144Hz以上で動作するパネルでも問題が発生しました。必要なのは、モニターとグラフィックカードを同期する方法でした。そのため、フレームは更新サイクルの開始時にのみレンダリングされます。簡単な解決策は、可変リフレッシュレートのモニターを作成することでした。そして2014年、NvidiaはG-Syncでそれを実現しました。

最初の実装では、G-Syncは200ドルのキットであり、ユーザーはモニターにインストールする必要がありました。これは持続可能なソリューションではなかったため、メーカーはすぐに専用ディスプレイに必要なコンポーネントを含めるように動きました。これが、今日のG-Syncのパッケージ化方法です。

ただし、AMDはまだまだ発表されていなかったため、さらに革新的なことを行いました。 2015年、同じ技術コンセプトであるがDisplayPort仕様の一部として含まれているFreeSyncをリリースしました。それは、今でも無料です。メーカーが行う必要があるのは、DisplayPort 1.2aをサポートし、ファームウェアを介してこの機能を実装することだけです。 AMDグラフィックスカードをお持ちの方は、特別なモニターに余分な費用を支払うことなく、適応同期を楽しむことができます。

G-SyncとFreeSync:機能の比較

 

G-SyncとFreeSyncは、モニターとグラフィックスカードをリンクするという点で同じことを行うため、LCDパネルの更新サイクルの開始時にのみフレームが描画されます。リフレッシュレートはリアルタイムで変化するため、画面に不完全なフレームが表示されることはありません。そのため、コアでは、G-SyncユーザーとFreeSyncユーザーの表示に違いはありません。フレームの破れがあるか、ないかのどちらかです。適応同期が機能している場合、G-SyncとFreeSyncの違いを知ることはできません。

現在、HDRコンテンツとそのより広い帯域幅をサポートするために、「G-Sync Ultimate」と「FreeSync 2 HDR」があります。どちらも元のバージョンからのアップグレードであり、これまでにない幅広い状況でより多くの機能と優れたパフォーマンスを提供します。

FreeSync 2 HDRを完全に実装するには、DisplayPort 1.4が必要です。 FreeSyncに加えて、144Hz動作、HDR10、4Kゲーム、拡張DCI-P3色域をサポートしています。 G-Syncでこれと同じサポートを得るには、値札に数百円(数ドル)を追加し、同じ仕様のG-Sync搭載モニターを購入するだけです。

現在、ほとんどのメーカーは、G-SyncとFreeSyncを備えた同じモニターのバージョンを販売しています。選択は機能セットになります。もちろん、ユーザーがすでにAMDまたはNvidiaにコミットしている場合は、選択が行われています。

 

さて、製品がG-Sync / FreeSyncをサポートしているかどうかをどうやって知るのですか?

社内テストシステムでは、この機能をサポートする最新のNVIDIAドライバーをインストールしたことにより、G-SyncモニターでNVIDIAコントロールパネルに表示されることがわかります…..

「セットアップG-Sync」タブが表示されますが、これは以前はありませんでした(画像を参照)

 

そのため、常に最新のドライバーをシステムにインストールすることが非常に重要です!