HDMI技術解説

HDMIテクノロジーとは何ですか?

ハイ・デフィニション・マルチメディア・インターフェースTM(HDMI)は、最高品質の非圧縮高品位デジタル・ビデオ・コンテンツ、非圧縮デジタル・オーディオおよびデバイス・コマンド制御の最大8つの独立したチャンネルをすべて1本のケーブルで伝送することができるデジタル接続規格です。

HDMIは将来の市場要件が明らかになるにつれて更新が可能な将来を考慮した仕様として作成されました。HDMIの利点の1つは、HDMIが市場の状況に対応し、最新の技術革新に対応する、進化する標準であることです。これは、HDMIが最高品質のコンシューマー・エクスペリエンスを引き続き可能にするという点で、メーカー、コンテンツプロバイダ、および消費者にとって有益です。そのような仕様として、いくつかの主要な拡張が見られました。

 

HDMIバージョン履歴 

HDMI 1.0 – 初期仕様。サポート帯域幅4.95Gpbs

HDMI 1.1 – DVDオーディオのサポートが追加されました。

HDMI1.2 – SACD Audioのサポートが追加されました。許可されたPCアプリケーションはRGB色空間のみを使用する。PCでの低電圧(AC結合ソース)をサポート。

HDMI 1.3 – 帯域幅を10.2 Gbps(340Mhz)に増加しました。16ビットカラーのサポート、リフレッシュレートの向上(120Hzなど)、144p / WQXGA解像度のサポートを提供しました。 xvYCC色空間標準をサポート。オーディオビデオの同期を自動的に修正する機能(リップシンク)を追加。ミニコネクタを追加。Dolby True HDおよびDTS HDマスターオーディオ規格のサポートを追加 。

HDMI 1.4 – HDMI接続機器との間で100Mbit / sのイーサネット接続が可能なため、インターネット接続を共有できるようにするHDMI Ethernet Channel(HEC)を追加しました。そして、HDMI経由でARC(オーディオリターンチャンネル)3D、マイクロHDMIコネクター、sYCC601、Adobe RGB、Adobe YCC601の色空間拡張セット、オートモーティブ接続システムを導入しました。また、フィールド代替(インターレース)、フレームパッキングを含むいくつかの立体3Dフォーマットを定義します。2011年10月にリリースされたバージョン1.4bでは、120Hzで3D 1080pビデオを処理する機能が追加され、1080p60(120Hz合計)のフレームパッキング3Dフォーマットが可能になりました。

HDMI 2.0 – 帯域幅を18 Gbps(594Mhz)に増やすには、3.4 Gbpsから6 Gbpsまでの最大スループットが必要です。2.0aでは、静的メタデータを使用した高ダイナミックレンジ(HDR)ビデオのサポートが追加され、2.0bではHDRのサポートを拡張しました。

2017年1月に発表されたHDMI 2.1には、動的なメタデータであるDynamic HDRのサポートが追加されています。このメタデータは、シーン単位またはフレーム単位でのシーンの変更を可能にします。帯域幅を48 Gbpsに増加します。帯域幅の増加は、6 Gbpsから12 Gbpsまで、3レーンから4レーンまでの最大スループットで実現します。

 

 

なぜHDMI 2.0ですか?

どのデジタルインタフェースも最終的に帯域幅または接続の速度によって制限されます。HDMI 1.4の場合、上限は、チャネルあたり330Mhzのデータ転送速度(インタフェースが動作する合計で10.2Gb / s)です。

Full HD(1920 * 1080)およびWide UXGA(1920 * 1080)イメージを転送するには、最大クロックレート330Mhzのこの10.2ギガビット/秒(Gb / s)の最大データ転送速度で十分です。ここでのサポートは、60Hzで4:4:4(RGB)で最大1080p、4:4:4(RGB)8bitのみで30Hzで2160p、または4:2:0で60Hzで2160pです。

より速いリフレッシュレートに対応するために、HDMI 2.0は、インターフェイスを介して18Gb / sおよび594Mhzのクロックレートで全データレートで導入されました。この仕様は、4:4:4(RGB)8bitのみで60Hzで2160pまで転送でき、HDR仕様に対応しています。さらに、HDMI 2.0はUSBタイプCのオルタネート・モード(代替モード)をサポートしています。

以前のバージョンのHDMI仕様と下位互換性のあるHDMI 2.0bは、HDMI規格の最新のアップデートです。また、消費者のビデオおよびオーディオ体験を強化するための市場要件をサポートするための重要な機能強化も可能です。HDMI 2.0bによって実現される主要な高度な機能は、ハイダイナミックレンジ(HDR)ビデオをHLG(Hybrid Log Gamma)形式で伝送できることです。

次世代のHDMI 2.1は、全体のデータレートを48Gb / sに上げ、60Hzで最大8Kの解像度をサポートし、さらに最大16ビットの色をサポートすることができます。より効率的にDSCディスプレイストリーム圧縮をサポートします。

 

認定HDMIケーブルが重要なのはなぜですか?

プレミアムHDMIケーブル認定プログラムは、HDMIテクノロジーのクリエイター向けの新しいプログラムです。それは、認証および検証プログラムと同様、追加および強化されたケーブルテストが包含されます。

ケーブルは、HDMI 2.0b仕様の完全な18Gbps帯域幅に加えてEMI(電磁妨害)テストをサポートするようにテストされ、ケーブルがワイヤレス信号との干渉を最小限に抑えるようにします。

プレミアムHDMIケーブルだけが、公式プレミアムHDMIケーブル認証ラベルの表示と販売促進を許されています。

誰でもHDMIスマートフォンスキャンアプリを使用して、ケーブルの認定および製品情報を確認できます 。

このプログラムで認定されたケーブルは、今日の4K / UltraHD環境に対応した設備の設置を保証し、機器のアップグレードまたは交換時に必要な性能を将来的に保証します。

 

詳細については、HDMI.orgをご覧ください。

 

HDMIケーブルはこちら