HDMI技術解説

HDMIテクノロジーとは何ですか?

高解像度マルチメディアインターフェイス(HDMI)は、最高品質の非圧縮高解像度デジタルビデオコンテンツ、最大8つの個別チャネルの非圧縮デジタルオーディオおよびデバイスコマンドコントロールをすべて1本のケーブルで伝送できるデジタル接続規格です。

HDMIは、さらなる市場要件が明らかになったときに更新できる将来を見据えた仕様として作成されました。 HDMIの利点の1つは、市場の状況に対応し、最新の技術革新に対応する進化する規格であるということです。これは、HDMIが引き続き最高品質の消費者体験を可能にするという点で、メーカー、コンテンツプロバイダー、および消費者にとってのメリットです。そのため、仕様にはいくつかの主要な機能強化があります。

HDMIバージョン履歴 

HDMI1.0-初期仕様。 4.95Gpbsまでの帯域幅をサポート

HDMI1.1-DVDオーディオのサポートが追加されました。

HDMI1.2-SACDオーディオのサポートが追加されました。 PCアプリケーションがRGB色空間のみ使用することを認められました。 PCの低電圧(AC結合ソース)がサポートされました。

HDMI1.3-帯域幅を10.2Gbps(340Mhz)に増やします。 16ビットカラーのサポート、リフレッシュレートの向上(例:120Hz)、144 p / WQXGA解像度のサポートを提供します。 xvYCC色空間規格をサポートします。オーディオビデオの同期を自動的に修正する機能を追加します(リップシンク)。ミニコネクタを追加します。ドルビー True HDおよびDTS HDマスターオーディオ規格のサポートを追加します

HDMI 1.4-HDMI接続デバイス間で100Mbit/sのイーサネット接続を可能にするHDMIイーサネットチャネル(HEC)を追加して、インターネット接続を共有できるようにし、HDMI経由のオーディオリターンチャネル(ARC)3D、新しいマイクロHDMIコネクタ、sYCC601 / Adobe RGB / Adobe YCC601の色空間セットの拡張および自動車用接続システムを導入します。また、フィールドオルタナティブ(インターレース)、フレームパッキングなど、いくつかの立体3Dフォーマットを定義します。 2011年10月にリリースされたバージョン1.4bでは、120Hzで3D 1080pビデオを伝送する機能が追加され、(右目まはた左目の)片目あたり1080p60(合計120Hz)で3Dフォーマットをフレームパッキングできます。

HDMI 2.0 AKAプレミアムハイスピード-帯域幅を18Gbps(594Mhz)に増加します。この増加は、3.4Gbpsから6Gbpsへの最大スループットによるものです。 2.0aは、静的メタデータを使用したハイダイナミックレンジ(HDR)ビデオのサポートを追加しました。2.0bは、HDRのサポートを拡張します。

HDMI2.1 AKA ウルトラハイスピード-2017年1月に発表され、シーンごとまたはフレームごとに変更を可能にする動的メタデータであるダイナミックHDRのサポートを追加します。 eARCのサポートも追加されました。帯域幅を48Gbpsに増やします。帯域幅の増加は、6Gbpsから12Gbpsおよび3レーンから4レーンの最大スループットで達成され、最大4K120Hzまたは8K60Hzの解像度が可能になります。

 

 

なぜHDMI 2.1ですか?

デジタルインターフェイスは、最終的に帯域幅または接続速度によって制限されます。 HDMI 1.4の場合、その上限は、インターフェイスが実行されるチャネルあたり330Mhzのデータレート(合計10.2Gb / s)です。

この最大全体データレート10.2ギガビット/秒(Gb / s)の最大クロックレートは330Mhzで、フルHD(1920 * 1080)およびワイドUXGA(1920 * 1080)の画像を転送するのに十分です。ここでのサポートは、4:4:4(RGB)の60Hzで最大1080p、4:4:4(RGB)8ビットの30Hzで2160p、または4:2:0の60Hzで2160pです。
より高速なリフレッシュレートに対応するために、HDMI 2.0が導入され、インターフェイスを介した全体的なデータレートは18 Gb/s、クロックレートは594Mhzになりました。この仕様は、4:4:4(RGB)8ビットでのみ60Hzで最大2160pを転送でき、HDR仕様をサポートします。さらに、HDMI2.0はUSB Type C Alt Modeをサポートしています。

以前のバージョンのHDMI仕様と下位互換性のあるHDMI2.0bは、HDMI2.0a仕様のアップデートです。また、消費者のビデオおよびオーディオ体験を強化するための市場要件をサポートするための主要な拡張機能も可能にします。 HDMI 2.0bによって実現される主要な高度な機能は、HLG(Hybrid Log Gamma)の形式でハイダイナミックレンジ(HDR)ビデオの送信を可能にすることです。

次世代HDMI2.1は、全体のデータレートを48Gb/sに上げ、最大4K120Hzまたは8K60Hzの解像度をサポートします。さらに最大16ビットカラーをサポートし、DSC(ディスプレイストリーム圧縮)をサポートして効率を高めます。これはウルトラハイスピードケーブルと呼ばれ、適切なHDMI認定アプリで確認できます。

 

 

認定されたHDMIケーブルが重要なのはなぜですか?

ウルトラハイスピードHDMIケーブル認定プログラムは、HDMIテクノロジーのクリエイター向けの新しいプログラムです。これには、追加および拡張されたケーブルテストと、認証および検証プログラムが含まれます。

ケーブルは、HDMI 2.1仕様の48Gbps帯域幅全体をサポートすることを確認するためにテストされ、さらにケーブルがワイヤレス信号との干渉を最小限に抑えることを確認するためにEMIテストが行われます。

公式のプレミアムHDMIケーブル認証ラベルを表示および宣伝できるのは、ウルトラハイスピードHDMIケーブルのみです。

誰でもHDMIスマートフォンスキャンアプリを使用して、ケーブルの認証と製品情報を確認できます。

このプログラムで認定されたケーブルは、ケーブルの設置が今日の4K120Hz / Ultra HD環境に対応できることを保証し、機器のアップグレードまたは交換時に必要なパフォーマンスが将来にわたって保証されます。

詳細については、次のWebサイトをご覧ください。
認定ケーブル:HDMI™プレミアムケーブル
認定ケーブル:HDMI™ウルトラハイスピードケーブル

 

HDMIケーブル認証アプリ

HDMIケーブル認証アプリを使用するこにより、消費者はHDMI固有のラベルでタグ付けされたHDMI製品を認証して、4K / 8Kコンテンツを表示するときに完全な4K120Hz / 8K60Hz / Ultra HD体験を楽しむことが保証されます。

「HDMIケーブル認証アプリ」は、Google PlayおよびApple App Storeからダウンロードできます。

 

詳細については、www.HDMI.orgをご覧ください。

 

HDMIケーブルはこちら